2009年02月19日

また怪しいことを始めた?

ヤフー記事:「批判続出の人権条例、施行せず廃止へ 鳥取県

>鳥取県の平井伸治知事は19日、批判が相次ぎ施行されなかった人権侵害救済条例を廃止する一方、人権相談窓口の充実などを盛り込んだ「人権尊重の社会づくり条例」改正案を2月定例県議会に提案した。専門機関同士の連携を強めるとともに、教育、福祉などの専門相談員を増やし、人権を尊重するためのネットワーク構築を目指す。

 人権侵害救済条例は平成17年10月に全国で初めて制定。人種差別や虐待、セクハラ(性的嫌がらせ)などを禁止し、加害者が勧告に従わない場合、過料など罰則も設けた。

 しかし直後から、「人権侵害の定義があいまい」「表現の自由を侵害するおそれがある」などとする批判が法曹界などから続出。施行前の18年3月に停止されていた。

 県は子供の人権などに限定した条例案を新たに策定することも検討したが、誹謗(ひぼう)中傷など証拠のない表現に対応するのは困難として断念。平井知事は「人権相談窓口を充実させれば、既存の制度でほとんどの事案に対応できる」と判断し、人権侵害救済条例を廃止し、相談機能の充実を図ることにした。


鳥取県って、先日学校における気のふれた平等教育をしていることが明らかにされ、それを見直すということをやっていたように記憶していたのですが、

人権条例を廃案にするのは良かったなと思うと共に、
また変なことを始めるのですね、懲りないんですねとあきれるばかりです

人権を尊重させるネットワーク作りって何?
お互いに監視し合うようなえげつないシステムでも作るんでしょうか?
そして守れない人を糾弾する?
なんかものすごくイヤなものを感じます

人権を守るというと非常に良いように感じてしまう人もいるんじゃないかと思いますが、この場合どうしても特定の利権団体などを守るためにやっているとしか思えないんですよね

個人間の争いに行政が介入しすぎるのはあまりよろしくないと思いますので、止めた方がよろしいかと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000536-san-soci


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 20:37| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック