2009年02月16日

独裁政権誕生

ヤフー記事:「大統領の無制限再選を承認=チャベス氏、国民投票で勝利−ベネズエラ

>南米ベネズエラで15日行われた大統領再選制限の撤廃の是非を問う国民投票で、全国選挙評議会は同日夜(日本時間16日午前)、開票率94.2%で賛成54.36%、反対が45.63%と発表した。急進左派チャベス大統領は支持者を前に「革命の偉大な勝利だ。次の大統領選にも出て2019年まで務める」と宣言、制限を削除する憲法の修正は承認された。
 投票では大統領のほか州知事、市長などの再選制限を定めた5条項の修正が諮られた。13年に任期切れのチャベス氏は、自らの「21世紀の社会主義」建設には「あと10年は在職が必要」と主張。反対派は「権力移譲の機会を奪う」と批判を強めたが及ばなかった。
 承認により何度でも再選が可能となり、貧困層を中心に根強い人気を誇るチャベス氏の「終身大統領」が現実味を帯びることになる。 


民主的に独裁政権を認めてしまっているんですから、いかに民主的な決め方とはいえ、まずいんじゃないかなぁと感じました

今は好意的にこの大統領を迎え入れているようですが、何年かした後に阿鼻叫喚の状況にならないことを祈るばかりです

資本主義に背を向けているらしいですから、遠からずそういう日が来るだろうなとは思わなくもないですが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000047-jij-int


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 20:21| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック