2009年02月13日

国籍法改悪の結果

ヤフー記事:「不正認知で子供に日本国籍、中国人逮捕…服役男性の名前悪用

>服役中の日本人男性の名前を勝手に使った出生届を作成し、中国人男女の間に生まれた子供を不正に認知させたとして、警視庁は13日、いずれも中国籍で、東京都豊島区池袋、無職沈楠(28)と無職王宗(29)、ブローカーの足立区西新井本町、郭清清(34)の3容疑者を有印私文書偽造・同行使などの疑いで逮捕したと発表した。

 外国人女性が産んだ子供でも、日本人男性が父親と認知すれば日本国籍が取得できるようになった昨年12月の国籍法改正以降、「偽装認知の温床になる」との指摘が出ていた。

 このため同庁は、名前を使われた日本人男性と子供との血縁関係の真偽確認に初めてDNA鑑定を行い、日本人との子供ではないことを特定した。

 同庁幹部によると、3人は昨年1月22日、王容疑者が沈容疑者との間に産んだ女児(1)について、日本国籍を取得する目的で、別の傷害事件で服役中だった川崎市の日本人男性(56)を女児の父親と偽り、この男性が認知したとする偽の出生届を東久留米市役所に提出するなど、女児に日本国籍を不正に取得させた疑い。

 同庁が、別の偽装結婚事件で逮捕した日本人男性の戸籍を調べたところ、王容疑者との子供を認知したとする記録を発見。

 だが、出生届の提出日に男性は服役中で、郭と沈の両容疑者が、男性の名前を悪用していたことが判明。沈容疑者はこの男性の紹介料として郭容疑者に80万円を支払っていた。

 沈、王の両容疑者は恋人同士。2人は過去に日本人との結婚歴があり、いずれも日本の定住権を取得していた。調べに対し、「子供が日本国籍を取得すれば、日本で長く暮らせると思った」と供述しているという。


メディアは、国籍法が改悪されればこういう問題が起きることはわかっていたはずですよね
いろいろ周知活動が行われていたんですから、予想できなかったと言うことはないはず
しかし、このことを一切問題せず報道することはほぼ皆無だったわけです
で、国籍法は改悪化され、結局このような事件が発覚するに至ったわけですね

あのとき逆に厳しくしておけばこういう事にはならなかったはずなのにね

中国人やら朝鮮人やら日本を嫌いなくせに日本国籍を取りたがるものは多いです。だからといって日本国籍を安売りするわけにはいかないです

にもかかわらず、改悪化されてしまいました

このような問題が起きた以上、元へ戻すべきでしょうね!!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090213-00000020-yom-soci



関連
日本前向新聞
国籍法改悪 反対運動 関連チラシまとめサイト


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 20:24| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック