2009年02月10日

中国内なら

ヤフー記事:「<靴投げ事件>事件
起こした学生が謝罪、温首相は「寛大な処分を」―英国


>2009年2月7日、中国の温家宝(ウェン・ジアバオ)首相が英ケンブリッジ大学での講演中に靴を投げつけられた問題で、傳瑩(フー・イン)駐英大使は「事件を起こした学生を除籍処分にしないで欲しい」とする温首相の談話を発表した。中国新聞網が伝えた。

事件は現地時間の2日、温首相が同大学で「発展の視点で中国を見る」というテーマで講演していたところ、聴衆席にいたドイツ人学生が突然「独裁者」などと叫び、首相めがけて靴を投げつけたもの。幸い靴は首相の手前1mほどの地点に落ち、首相には当たらなかった。


中国国内なら、即死刑だったでしょうね
中国外だったことが悔しくて仕方がないでしょうね


学生も謝るなら、世界中のチベット支援者に対して、靴を当てられなくてごめんなさいと言うべきではないかと


温首相もチベットなどに対して、温情を与えるべきでしょう
それで、チベットなど侵略先から中国人(漢民族)はすべて完全に手を引くこと、そうすれば世界中が納得するんじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000007-rcdc-cn


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 20:02| 東京 ☀ | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック