2009年02月07日

宗教の壁は厚い

ヤフー記事:「宗教顧問会議を設置=貧困対策などで連携−米大統領

>オバマ米大統領は5日、宗教各派の指導者らで構成する宗教顧問会議の設置を発表した。昨年の大統領選の公約の1つで、貧困対策や教育活動などで宗教界との連携を強化することが狙い。
 大統領は同日、宗教指導者らとの会合で演説し、「信仰上の立場の違いの克服がどんなに難しくても、心を開いて誠実に対話をすれば、われわれは『神』の恵みによって溝を埋めることができる」と語った。
 

はっきり言って無理でしょうね
言葉を尽くせば分かり合えるというのは夢見すぎだと思いますよ

世界各地の紛争の元ネタはたいていが宗教紛争ですし、
第一キリスト教とイスラム教の争いが二千年にもわたって続いていることを考えれば、わかりそうなものじゃないでしょうか?

一神教の宗教だと、神との契約という形になってますからね
違う神なら契約内容も異なるわけで、それを異宗教間で乗り越えて受け入れろというのは非常に難しいんじゃないでしょうか?

言うのは簡単ですが、言葉を尽くせば尽くすほど争うことになるんじゃないでしょうか


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000242-jij-int


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 20:30| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック