2009年02月03日

靴を投げられた

ヤフー記事:「中国首相、靴投げられる=ケンブリッジ大で講演中−英

>中国の温家宝首相が2日、訪問先の英ケンブリッジ大学で講演中に、聴衆の男性から靴を投げ付けられるハプニングがあった。靴は首相から約1メートル離れた場所に落ち、首相にけがはなかった。男性はその場で警備員に取り押さえられた。
 ブッシュ前米大統領がバグダッドで会見中、イラク人記者から靴を投げられた昨年12月の事件を模した抗議行動とみられる。
 報道によると、世界経済について講演していた温首相に対し、場内にいた若い男性が突然立ち上がって靴を投げ、「これはスキャンダルだ」「独裁者のうそ話を反論せずに聞けるか」などと叫んだ。温首相は当惑した様子だったが、男性が会場から連れ出されると、そのまま講演を続けた。
 男性の身元は不明だが、人権活動家と伝えられている。 


イラクでブッシュ元大統領に対して、イラク人記者が靴を投げつけた事件に関しては、
他国の首脳に対してして良いことではないですし、靴を投げた人を讃えるような行動は非常にまずいことだという立場で来ましたが

今回の温家宝首相に靴を投げつけた事件に関しては、前言を撤回し投げつけた人には、現時点では賛意を送りたいと思います

中国という国が今やっていることを鑑みれば、ブッシュ元大統領以上に極悪非道な行為を続けているわけです。これは北京オリンピック前からチベット問題などで、世界中から非難されていたのですが、それを気にもせず未だに続けているわけです

さすがは共産党独裁国家だなと思いますね
人を人と思わないくせに、平和を語るなんぞ片腹痛いというものです
その辺、人権意識が強い欧米の人にはガマンがならなかったんじゃないでしょうか?

講演時の聴衆の多くは中国からの留学生が多かったということで、非難の声が上がったというのは当然でしょう
イギリス人などが多ければ逆だったんじゃないかと考えます

そして、マスゴミの反応も当たり前のようにブッシュ元大統領の時とはあからさまに反対の反応でした
ブッシュ元大統領には、ブッシュが悪いでしたが、
温家宝の時には、投げた人が悪いという
ここまで反応が違う報道にもびっくりさせられますね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000009-jij-int


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 19:38| 東京 ☀ | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック