2009年02月01日

そもそも能力がない

ヤフー記事:「代表質問せず、健康不安説も…小沢氏は首相になるのか

>次期衆院選で民主党が勝利しても、小沢代表は首相になる意思があるのか−−。小沢氏には今もこんな疑念がつきまとう。

 本人は首相への意欲を表明しているが、「表舞台」を避けるような振る舞いが、なお目立つからだ。

 ◆疑問の声根強く◆

 小沢氏は31日、盛岡市内で行われた党岩手県連大会後の記者会見で、「私が民主党の代表で、民主党あるいは民主党中心の野党が過半数を得た場合には、その責任を果たさなければいけない」と強調した。

 昨年9月の代表選で3選された前後から、小沢氏は首相就任への意欲に言及し始めた。

 小沢氏は1991年、当時所属していた自民党の最大派閥・竹下派会長の金丸信・元副総理から党総裁選出馬を勧められながら固辞したことがある。細川、羽田両政権では、首相を上回る事実上の最高実力者として権勢を振るうなど、「裏で実権を握る人」というイメージも根強く残る。

 口べたを自任する小沢氏が「首相への意欲」を語るようになった理由を、周辺は「次期衆院選に向けて政治手法を変えたと印象づける必要があるためだ」と解説する。

 それでも、「小沢首相」を疑問視する声があるのは、「首相になろうとする人の所作とは思えない」(民主党若手)という動きがしばしば見られるからだ。

 衆院議員は9月に任期満了を迎えるため、衆院は今国会が最後の論戦の舞台となる可能性が高い。それにもかかわらず、小沢氏は1月28日の衆院本会議で行われた麻生首相の施政方針演説に対する代表質問に立たなかった。理由は明らかにされていないが、党幹部の要請を断ったのだという。

 外国要人との会談も、「衆院選に向けた地方行脚を優先するため」と、鳩山幹事長に任せている。小沢氏は20日、オバマ米大統領の就任に関連し、鳩山氏に「政権を取るまでは訪米しない」と語った。

 健康問題も影を落とす。

 小沢氏には91年に狭心症で入院して以来、健康不安説が消えない。代表就任後の06年には体調不良で検査入院し、最近も「風邪気味だ」などとして衆院本会議や党の会合を欠席することも少なくない。

 ◆支持者も懸念◆

 「首相候補」らしからぬ行動は自民党の格好の攻撃材料となっている。同党の古賀選挙対策委員長は31日、福岡県矢部村での講演で「首相になろうというのであれば、堂々と代表質問をしないで、何が野党第1党か」と小沢氏を批判した。

 民主党の内外にも懸念が広がる。

 「政権交代した時、日本の顔に小沢氏がなるのか、誰がなるのか分からない」

 民主党の岡田克也副代表が1月25日、地元・三重県桑名市で開いた集会で、支持者からこんな質問が飛んだ。岡田氏は「選挙に勝てば当然、小沢氏が首相にならなければおかしい」と強調したが、別の出席者は「いつもマスクをしていて、健康面で不安がある」と訴えた。

 同党では「自民党離党者を首相に据え、自らは以前のように背後で権力を振るおうとしているのではないか」(幹部)との声もある。

 ただ、小沢氏に近い党関係者は「小沢氏は1年間は首相をやるだろう」と、こうした見方を否定したうえで、このように語る。

 「民主党政権の基礎を固めることができれば、後継者に譲ると思う」


そもそも、人望がないわけですし、
人が集まるのは、そこに金の匂いがあるからですよ

田中金権政治の元で、金集めの手腕を鍛えて黒幕として活動して来たわけですから、金には事欠かないんでしょう
それゆえ小沢の人柄よりも金にひかれた人が多いんじゃないですか?

あくまでも裏側でこそこそと動き回る姑息な外道に過ぎないですね

なんにせよ
記事中の健康面の問題も、外交能力の無さにしても、
そんなことはおいといて、何をするのかということを考えれば
反日政策をとることは間違いないですから一年たりとも政権を渡すことは日本にとって致命傷になるでしょうから、許しては行けないと考えます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090201-00000014-yom-pol


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 21:04| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック