2009年01月29日

返す返す詐欺

ヤフー記事:「<北方領土>初の上陸断念 外務省、露に「遺憾の意」

>北方四島のロシア人住民に「ビザなし交流」で支援物資を届けようとした外務省職員らに対しロシア政府が出入国カードの提出を求めていた問題で、外務省は28日、上陸を見送り、国後島沖から北海道根室港に引き返すと発表した。91年に合意したビザなし交流でロシア政府がカード提出を譲らず、日本側が上陸を断念したのは初めて。同省はロシア政府に「遺憾の意」を伝えた。

 外務省職員2人と千島歯舞諸島居住者連盟の5人は、政府の支援事業で注射器やガーゼなど医療物資(約1280万円)を届ける予定だった。しかしロシア国境警備局は27日午前、国後島沖で出入国カードの提出を要求。ビザなし交流に基づく支援のため提出を拒否したところ、上陸を拒まれ現地で停泊を続けていた。

 日露政府間で28日、改めて交渉したがロシア外務省は「06年に改正された国内法に従い出入国カードの提出を求めている」と主張を譲らず、日本政府は支援事業中止を決めた。船は29日午前、国後島沖を出発する予定。児玉和夫外務報道官は28日の記者会見で「07年、08年の交流事業ではトラブルは発生していない。理解に苦しむ」と述べた。

 児玉報道官によると、今回の支援では、ロシア政府から1月23日に「出入国カードの提出が必要」との通知があり、決着しないまま支援に向かったという。

 旅券(パスポート)や査証(ビザ)が不要で、身分証明書などで四島に上陸できる「ビザなし交流」は、日本と旧ソ連の外相間の往復書簡への署名に基づき始まった。日本人の元島民の墓参に限られていたが、98年から物資の支援事業などに対象が広がっていた。

 ロシア外交筋は今回の問題について「日露間で根拠となる合意が紙に書かれていない。ロシアの国内法では、すべての入国者が入国カードを記入しなければならず、領土とは関係のない問題だ」と説明している。


ロシアの返す返す詐欺にずっと騙され続ける日本という感じですね

四島返してあげるから、
経済支援よろしくとか
エネルギー開発共同開発しようとか>結局追い出されてしまいましたね
なんて具合にずっとうまい具合に利用され続けているわけです

関係が冷え切っても知らないよ、と言われると不承不承付き合わざるを得ないって事なんでしょうか?
返して貰いたいけど、四島を返してもらえるアテもないのに、ロシアの無茶に付き合わされ続けないといけないのかなぁ

それに四島には既にロシアの人が住んでいて、返してもらうとなればロシアではその人達を移住させなければならないわけで、この補償を日本が払わないといけない?


北方領土は第二次世界大戦終了間際のどさくさにソ連がかすめ取ったんですからね、ホント薄汚い真似をいつまで続けるのやら(この辺は中国も朝鮮も本当に汚い真似をする連中ばかり)

領土はきちんと返して貰うべきですが、そのためのアピールを国内でしっかりと行って世論を高めておかないと、日本としての強い意思表示はしづらいと思いますんで、いろんな領土問題を国民向けにアピールして欲しいです

とはいえ、自己中な人が増えてしまって無理かもしれません、残念ですが

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000130-mai-soci


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 19:52| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック