2009年01月29日

何が大事ですか?

ヤフー記事:「<ソマリア派遣>民主は賛否明確にせず

>政府が東アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、海上警備行動発令による海上自衛隊の護衛艦派遣の準備指示を出したのに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は28日、「なぜ、本来は海上保安庁がやるべき仕事を海上自衛隊が行うのか、明日の代表質問で政府に聞かなければならない」と記者団に述べた。鳩山氏は社民、国民新両党の幹事長と統一見解をまとめる考えを示しており、発言には両党への配慮がにじんだ。

 ソマリア沖の海賊対策について民主党の方針は定まっていない。次期衆院選に向けて共闘関係を強めている社民、国民新両党が「反対」を表明しているからだ。民主党内には自衛隊派遣への積極論も強く、直嶋正行政調会長は28日の記者会見で「なぜ一義的に出すべき海保ではなく海上自衛隊か、という納得のいく説明がない」と述べるにとどめた。


この辺、阪神・淡路大震災の時の左巻政権の時の村山首相と同じでつまらない思想にこだわって、何が大事かを見失ってしまっているわけですね

あの時何が大事かを見誤っていなければ自衛隊による救助活動が開始できて、少しでも多くの命を救出できていたはずですよね

今このソマリア沖の海賊問題だって、クダラナイメンツにこだわって自衛隊の出動を渋っているのは非常におかしいです

相手は一般船を襲ってくる海賊です
容赦なく叩きつぶすのが筋というものです
そのためには、海上保安庁では役不足で海上自衛隊を送るべきでしょう
しかし、憲法、法を変えなくては本来の力を発揮できませんから、この辺りを少しでも早く議論していくべきでしょう

国際貢献云々ではなく、日本の生命線を守るかどうか非常に大事な問題だと思います

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000115-mai-pol


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いいたします
posted by ! at 19:27| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック