2009年01月22日

大いにやってください

ヤフー記事:「元派遣社員、労働審判申し立て=大分キヤノンで就労「一方的解雇」

>大分キヤノン大分事業所(大分市)に派遣された40代女性が22日、退職に追い込まれたのは一方的解雇で無効として、雇用契約を結んでいた人材派遣会社「テクノスマイル」(福岡市)を相手に、地位確認や賃金支払いを求める労働審判を大分地裁に申し立てた。
 申立書によると、女性は大分市在住。2007年11月から同事業所で、デジタルカメラ部品の組み立て作業に従事していたが、テクノ社から昨年11月に「他にも200人ほど辞めてもらっている」「今退職すれば10万円支給するが、断ったら支給されない」と再三退職を迫られた。
 女性は拒否できず、同月下旬で退職するとした合意書に署名、押印した。
 退去を求められている従業員寮については、雇用期間満了の今年5月まで、明け渡し義務を負わないことの確認も求めた。
 代理人弁護士によると、女性は「派遣ということで物のように扱われるのは納得できない」と話しているという。
 

派遣社員が、派遣切りなどで派遣会社を訴えるのは、どんどんやるべきでしょう
どうせたくさんピンハネしてあくどく儲けていたんでしょうから、法的に可能な限り追いつめても良いんじゃないかと思いますね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090122-00000114-jij-soci
posted by ! at 20:23| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック