2009年01月22日

こんなもんか

ヤフー記事:「教育に不備、海自に勧告=見張り「不十分」−イージス艦衝突の海難審判・横浜

>海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」衝突事故で、舩渡健前艦長(53)ら4人と、あたごが所属する第3護衛隊(京都府舞鶴市、旧第63護衛隊)を指定海難関係人とした海難審判の裁決が22日、横浜地方海難審判所であった。織戸孝治審判長は第3護衛隊に対し「乗組員の教育訓練で、連絡・報告や見張り体制を十分に構築していなかった」として、再発防止に向けた勧告をした。
 裁決は事故原因に関し「あたごが監視不十分で、清徳丸の進路を避けなかったことにより発生したが、清徳丸が衝突を避ける協力動作を取らなかったことも一因をなす」と認定した。
 4人は前艦長のほか、当直士官だった後瀉桂太郎前航海長(36)と長岩友久前水雷長(35)、戦闘指揮所(CIC)を監督していた安宅辰人前船務長(44)。
 裁決は、事故発生時の当直士官だった長岩前水雷長の監視不十分が直接の事故原因との判断を示した。
 一方で、ダブルチェック体制になっていれば危険な状況を回避できたとの考えを示し、「艦橋当直の基本が励行されておらず、各部署間の連絡・報告体制が十分に構築されていなかった」と指摘。「総合的に改善する施策を整備しなければ再発防止は図れない」として、前水雷長を含む4人への勧告を見送り、組織のみの勧告とした。
 

なんで、他の漁船は回避できているのに、この一隻だけが避けられなかったんでしょうかねぇ
まるで自殺行為というか何というか

いずれにしろ自衛艦側に回避義務があったとされる以上、こういう判断が下されるのは仕方がないですね
でも、一言漁船側にも非があることを添えてあったのは、当然ですね
交通事故でもある程度は過失相殺もあることですから
一方的に自衛艦が悪いって事はあり得ません!!



でも、もしこの漁船が北朝鮮の工作船だったらと考えれば
この監視が不十分だったのは許されません
自爆テロでもされたら貴重なイージス艦が失われてました
きちんと監視し接近する船には即座に警告、万が一の場合には射撃するくらいでも良かったはずです

それができなかったことは、領海内とはいえ油断しすぎでしたし、朝鮮、中国など敵性国家には海上自衛隊がだらしがないと判断されるようになったかもしれません、利敵行為とも言えます
気をつけて欲しいです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090122-00000091-jij-soci
posted by ! at 20:17| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック