2009年01月19日

女人OKか

ヤフー記事:「女子大生酔わせます 酒造りに挑戦、応募の8割 兵庫の蔵元「愛飲家増えれば」

>日本酒ファンづくりは、酒造り体験から−。兵庫県の各蔵元が県内の大学生を対象に「酒造り体験」を行っている。泊まり込みで早朝から蔵人と一緒に仕込みを体験し、しぼりたての酒を味わってもらうことで、日本酒を敬遠する若者に日本酒のおいしさを知ってもらう企画だ。

 近年は若年層を中心に、飲みやすい酎ハイにできる焼酎や“ヘルシー”ともされるワインがシェアを伸ばしているうえ、“飲まず嫌い”の若者も増加するなど日本酒を取り巻く環境は厳しい。国税庁によると、日本酒の消費量は昭和50年度の約167万5000キロリットルをピークに年々減少、平成19年度は約66万4000キロリットルに落ち込んでいる。

 このため「学生のうちに日本酒に親しんでもらおう」と、「西山酒造場」(同県丹波市)の西山周三社長(35)が発起人となって、趣旨に賛同する蔵元約10社と一昨年から始めた。

 体験は、2泊3日コースで1人3000円。後日体験時に仕込んだ酒が送られてくる。県内の大学約30校を通じて参加を呼びかけたところ、昨シーズンは18人が体験した。

 今シーズンは2倍の36人が応募し、指定された各蔵元で酒造りに挑戦。参加者のうち8割が女子学生で、西山酒造場では今月5日から3日間、女子大生2人が参加、午前4時に起床して洗米や麹(こうじ)づくり、蔵の掃除など、蔵人と同じ作業をこなした。日本酒が肌に優しいとして近年は日本酒を使った化粧品が人気とあって、女子学生も「将来は日本酒を使った化粧品を開発したい」などと話していた。

 西山社長は「学生たちが『蔵元で蔵人と酒を造った』ことがいい思い出になり、若い世代に日本酒の愛飲家が増えてくれれば」と期待している。


杜氏の世界は、女人禁制と聞いてましたけど
変わったんですね

杜氏の人たちが問題ないと考えてなければ、良いことですけど
なんか違和感があったりして

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090119-00000081-san-soci
posted by ! at 20:12| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック