2009年01月08日

民間はアテにならない

ヤフー記事:「三菱水島病院、閉鎖へ

>三菱自動車水島製作所(岡山県倉敷市)は7日、同製作所が経営する三菱水島病院(同市)を3月末で閉鎖すると発表した。医師不足や患者の減少などで厳しい病院経営が続き、自動車部門の業績悪化で、「病院事業の切り離しを決断した」(同製作所)という。

 同病院は前身の社員向け診療所を経て、昭和21年に一般病棟として開設。ベッド数は120床だが、医師不足の影響などで規模を縮小。昨年6月には入院患者に転院してもらい、11月には産婦人科など3科を閉鎖。内科など4科だけで外来診察を続けていた。


民間でできることは民間でという言葉に乗せられて民間化したものが結構ありますけど

やっぱり経営がおかしくなれば、こうやって逃げてしまうわけですね
利潤を追求する以上仕方がないのですが

なので、公益性があるものは民間に任せず公営でやるべきですよね
利潤追求ではなく、公共の福祉を求めるのですから、多少の赤字は止む無しとしてやって欲しいと思います

経営が成り立たないから病院が一つもないということになれば、患者さんはどうしたら良いんでしょうかね?効率化も良いですが、大事なことは大事にしたいですね

最近は公営でも潰す傾向なので、懸念するところですが

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090107-00000654-san-bus_all
ラベル:病院 閉鎖
posted by ! at 19:42| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック