2008年12月17日

経営効率を求めた結果

ヤフー記事:「公立病院閉鎖へ、異例の条例案可決 大阪府松原市

>深刻な経営難に陥っている大阪府松原市の市立松原病院(桑田博文院長、162床)を来年3月末で閉鎖する条例案が、17日に開かれる市議会本会議で自民、公明などの賛成多数で可決された。すでに今月15日から新規の入院、外来診療の受け付けを停止するとともに入院患者の受け入れ先を探しており、来年度中に廃止する方針。

 平成16年に導入された新臨床研修制度による医師流出などに伴い、各地の公立病院は構造的な赤字体質が続いているが、廃止に踏み切るのは極めて異例だ。


行政に効率を求めることは悪い事じゃないですが、
その結果がこうなると話は違うんじゃないでしょうか?
治療を受けられなく人が出るなど弊害が多すぎるように思います

例え赤字が出ても、誰もが普通に医療を受けられるように公立病院は存在すべきだと思うんですが

行き過ぎた要求はかえって逆効果だと思いますんで、昨今の行革のあり方も少し考え直した方が良いなと思います

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081217-00000559-san-soci
posted by ! at 20:30| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック