2008年12月09日

なぜ発禁にできない?

ヤフー記事:「大麻紹介誌を不健全指定へ=「犯罪誘発の恐れ」−都

>東京都は8日、犯罪を誘発する恐れがあるとして、大麻の栽培や収穫方法などを紹介した雑誌「ハイ・グラム・バースト」(12月15日発行、コアマガジン社)を、不健全図書類に指定すると発表した。都による不健全図書類の指定は例年40冊ほどあるが、大半が性的感情を刺激する雑誌で、犯罪誘発の恐れを理由とする指定は異例。
 都青少年健全育成審議会の答申に基づく措置で、石原慎太郎知事が近く指定を告示する。指定後は18歳未満に売ったり、貸したりすることが禁じられ、違反者に30万円以下の罰金が科される。


石原都知事は、たびたび良い仕事をしてくれる方ですが
この件は、物足りないという感じですね

たとえ18歳以上であっても、主に医療関係者でもない限り大麻は不要なわけですから発禁処分が当たり前だと思いますね

もし発禁処分にするための条例が整備されていないなら、条例を早く整えて発禁処分にするべきです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000124-jij-pol
posted by ! at 20:00| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック