2008年12月04日

甘いです

ヤフー記事:「<酒気帯び運転>一発退場 呼気0.25mgで免許取り消し

>警察庁は4日、昨年6月の道路交通法改正に伴う道交法施行令の改正案を公表した。酒気帯び運転の行政処分の基礎点数は、呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上は13点から25点に引き上げ、免許取り消し相当とする。同0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満は6点から13点となり免許停止90日相当になる。

 また、改正道交法で免許取り消し後の欠格期間の上限が5年から10年に引き上げられたことを受け、危険運転致死傷は結果の重大性に応じて5〜8年(現行5年)▽酒酔い運転などは原則3年(同2年)で、事故を起こした場合は3〜7年(同2〜5年)−−に欠格期間を引き上げる。いずれもひき逃げを伴う場合は10年とする。


酒気帯びなどに関して、さらに厳しくって事のようですが
まだまだ甘いんじゃないですか?

酒飲んで運転したら、一発でこの世から退場でも良いと思います

これだけ、酒を飲んで運転したら危険であると声高にあちこちで言われているのにも関わらず酒を飲んで運転するという蛮行をするようなヤツに、この世で生きる価値は無いでしょう?

だから死刑で良いと思います

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081204-00000042-mai-soci
posted by ! at 20:55| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック