2008年12月04日

イタリアでも迷惑をかける中国人

ヤフー記事:「中国人留学生が大量失踪、甘い留学奨励計画がアダに―イタリア華字紙

>2008年12月2日、イタリアの華字紙「欧華聨合時報」は、イタリア留学に来た中国人留学生のほとんどがすでに失踪し、不法就労していると報じた。中国新聞網が伝えた。

イタリアと中国は06年の「中国・イタリア文化年」を記念して、イタリア大学学長会(CRUI)が提案した中国人留学生向けの「マルコ・ポーロ計画」を同年から実施。より多くの留学生を受け入れるため、イタリア語が全く話せない学生でも7か月の語学研修を受け、大学に入学できるという優遇措置がとられた。


日本も特に特定アジア人に対して甘い処置をします
中国人留学生を1万人ほど受け入れるとかいっておられますが、
このイタリアの事例と同じ事が日本でも起きるとなれば、国内に万単位の不法在留外国人を世に放つだけで日本の治安が著しく悪くなることになります

本当に良いんでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081203-00000012-rcdc-cn
posted by ! at 20:31| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック