2008年12月03日

当然の結末

ヤフー記事:「<割りばし死亡事故>検察上告断念へ 医師の無罪確定見通し

>東京都杉並区で99年、保育園児の杉野隼三(しゅんぞう)君(当時4歳)がのどに割りばしを刺して死亡した事故を巡り、業務上過失致死罪に問われ、東京高裁で無罪が言い渡された医師、根本英樹被告(40)について、検察当局は上告を断念する方針を固めた模様だ。上告期限の4日までに正式決定するが、医師の無罪が確定する見通しになった。

無罪で当然でしょう
何でもかんでも医者のせいにしていたんでは、医者だったやる気がそがれるばかりでイヤになるって当然じゃないですか?

だから、産科医小児科医を担当しようというお医者様が減っているんではないでしょうか?

こういう遺族のありようも問題ですが
それ以上に大問題なのがマスゴミの報道姿勢です
言って言いっぱなしで、何の解決も図ろうとしない

ただ文句を言うだけなのに、その影響力は半端な存在ではないということをきちんと自覚し、その効果を考えて報道すべきなのに、
その効果を自覚して、うまく利用して社会の崩壊、さらには反日方向へ世論誘導をするあくどさには怒りしか感じません

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081202-00000140-mai-soci
posted by ! at 19:50| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック