2008年11月28日

在日朝鮮人も指紋押捺を義務づけるべき

ヤフー記事:「指紋での入国拒否は846人=改正入管法施行1年で−法務省

>法務省入国管理局は28日、指紋採取と顔写真の撮影を義務付ける入国審査によって入国拒否となった外国人が、改正出入国管理・難民認定法が施行された昨年11月からの1年間で846人に上ったと発表した。森英介法相が同日午前の記者会見で明らかにした。
 過去に偽造旅券の使用や不法残留などで退去強制処分となった外国人が再来日し、入管が保管している指紋などのデータと合致したもので、入管は「導入直後の米国が年平均500人だったことを考えると多い」とみている。
 

指紋押捺が日本国内の治安を維持することに役立っているという証明ですね

従って、不法在留中の朝鮮人の指紋も押捺すべきでしょう
治安維持のためには必要なのは、朝鮮人の犯罪率を考えれば当たり前のことと言っていいはずです

いずれにしろ戦後勝手に住み着いた連中が、いまだにのさばっていることは大いに問題です
早く突き返すべきなのですが、その第一段階として指紋をチェックすべきではないかと考えるわけです
犯罪を抑止するためには大事です


しかし、あいつら不審船で密入国して数が増えているから入管も歯が立たないんですよね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000048-jij-pol
posted by ! at 20:27| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック