2008年11月25日

警察が悪でないと気に入らないんですね

ヤフー記事:「白バイ追跡のバイク男性死亡=ダンプと衝突−神奈川

>22日午前11時すぎ、神奈川県相模原市津久井町青野原の国道413号で、白バイが追跡していた同県平塚市老松町の会社員中村弘さん(35)のバイクがダンプカーと正面衝突し、中村さんが全身を強く打つなどして死亡した。
 県警津久井署によると、第二交通機動隊の白バイが事故直前、法定速度を36キロ上回る86キロで走行していた中村さんのバイクを発見し、サイレンを鳴らして追跡した。
 白バイのスピーカーで「止まりなさい」と警告したが、バイクは他の車を追い越しながら逃走。約500メートル先のS字カーブで対向してきたダンプカーと衝突した。現場はセンターラインのない幅約8メートルの道路で、中村さんのバイクがカーブで対向車側に入ったとみて調べている。
 

どうしても警察が犯罪者を追跡することが悪いとメディアは言いたくてしょうがないようです
警察が犯罪者を追わなくて、何をするというのでしょうか?

どう考えてもメディアの報道姿勢には悪意しか感じられません

逃げる方が悪い、逃げ得を許さない、といった報道をして欲しいものですね

そして逃げて、こういう目にあったらザマーミロでも良いじゃないでしょうか?

そして、第三者を害するようなことがあったら当然逃げた犯人に責任を問うべきで、死刑で良いでしょうね

逃げて何とかなるという、事があってはならないです
逃げたらむしろ不利にならなくては、おかしいというものです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081122-00000088-jij-soci
ラベル:白バイ 追跡
posted by ! at 20:03| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック