2008年11月13日

勝手に自爆するくらいなら

ヤフー記事:「高速道「逆走」年1000件、人身事故の4割が65歳以上

>高齢ドライバーの増加などを背景に、高速道路での「逆走」の発生が全国で年間1000件近くにのぼっている。

 高速道路会社などは今年から、逆走車をセンサーで感知して警告する装置を高速道に取り付けたり、逆走防止のカーナビの開発などを検討したり、本格的な対策に取りかかった。

 高速道での逆走は昨年945件あり、ほとんどはサービスエリアの出口と入り口を間違えるなどドライバーの勘違いが原因。今年10月1日、札幌市の道央道で87歳の男性が乗用車を約4キロ逆走させ、対向車と正面衝突して死亡した事故では、高速の出口料金所の手前で車をUターンさせて車線に戻っていた。

 警察庁によると、逆走による人身事故は昨年35件起きているが、事故を起こした運転手の4割は65歳以上で、運転免許保有者の14%(約1100万人)を65歳以上が占めるという高齢化が影響している。


自分を含め、誰もがいつか行く道なので
無用な事故を起こさないような対策を考えていただければな、と思います

免許を返納してしまえば、事故は起きないでしょうが公共交通機関が無いところでは免許は必需品なので、やっぱり考えてもらえればと思うわけです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081113-00000033-yom-soci
ラベル:高齢者 逆走
posted by ! at 20:06| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック