2008年11月12日

放送できないってことは

ヤフー記事:「田母神氏招致のTV中継なし 持論展開警戒? 与党、慎重姿勢崩さず

>参院外交防衛委員会が11日に行った田母神俊雄前航空幕僚長の参考人質疑はテレビ中継されなかった。野党側は田母神氏の招致にあたり、NHKによるテレビ中継を打診したが、与党が慎重姿勢を崩さず、最終的に中継要請は見送られたという。


 与党は「個人的見解をそのまま生放送で流していいのか」(外防委理事)との立場。もともと田母神氏の参考人招致自体に「国会の場で賛否の分かれるデリケートな問題で、一方的に持論を展開されかねない」と慎重だった。テロ特別措置法改正案の質疑に限定することを条件に田母神氏招致が実現しただけに、野党としても無用な混乱を避けたかったようだ。


テレビなどで放送できないって事は、田母神氏の発言が問題視されている根拠である村山談話に自信が無いからと考えても良いんじゃないでしょうか?
自信があるなら、言いたい放題言わせて、ばしっと断罪すれば良いだけなんですから

しかし、それができないから可能な限り多くの人の目に触れないようにするしかないというわけです
臭いものに蓋をするしかないと

参考に承知しておきながら、大した成果も上げられない民主党議員さんをはじめとする議員さんは情けないですね
言い負かすことができないんですから

だからこそ、村山談話を見直すべきなんですよ
一方的な個人的な歴史観に基づいた談話を日本政府の意志とするのには無理がありすぎるんです

要するに、村山君のチラシの裏が公式発言になっているんです
それってかなりおかしいことじゃないですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000053-san-pol
posted by ! at 20:23| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック