2008年11月10日

毎日新聞の劣化

ヤフー記事:「<麻生首相>ホッケは煮付け?焼き物?…なじみ薄露呈

>10日の自民党役員会で、麻生太郎首相が前日の居酒屋での大学生との懇談に触れ、「(メニューは)ホッケの煮付けとか、そんなもんでしたよ」と紹介したのに対し、大島理森国対委員長が「ホッケは焼くしかないんです」とたしなめる場面があった。

 ホッケは煮付ける料理法もあるが、一夜干ししたものを焼くのが一般的。首相が訪れた東京・渋谷の居酒屋でも「ホッケの煮付け」はメニューになく、「特別に調理して出すこともない」という。

 首相は先月、国会でカップめんの価格を「400円ぐらい」と答弁し、庶民感覚を問われたばかり。居酒屋で人気のホッケも、首相にはなじみがなかったようだ。


こんな事を記事にする毎日新聞って、何を訴えたいんでしょうか?
庶民感覚が無いと政治ができないのでしょうか?
面白い主張です

もう少し肝心なことを記事にして欲しいものです
できないから、こんな事をしか書けないんでしょうけどね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081110-00000099-mai-pol
posted by ! at 21:13| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック