2008年11月05日

大阪ひき逃げ犯、逮捕

ヤフー記事:「<大阪ひき逃げ>22歳ホスト逮捕「無免許で飲酒していた」

>大阪市北区のJR大阪駅前の交差点で、堺市の会社員、鈴木源太郎さん(30)が車にはねられ、約3キロ引きずられて死亡したひき逃げ事件で、大阪府警曽根崎署捜査本部は5日、住所不定、建築会社元従業員でホストの吉田圭吾容疑者(22)を殺人と自動車運転過失傷害、道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕した。事件当時、無免許で酒を飲んでおり、「人を引きずったまま逃げれば、死ぬことはわかっていた。とにかくその場から逃げたかった」と供述していることから、殺人容疑を適用した。

 捜査本部は5日未明、吉田容疑者が友人と大阪・ミナミのラーメン店から出てきたところを任意同行し、逮捕した。

 調べでは、吉田容疑者は10月21日午前4時20分ごろ、大阪市北区梅田1の国道176号交差点付近でワゴン車を無免許で運転中、横断歩道のない場所を歩いて渡っていた鈴木さんをはねた後、車両の下に巻き込み、福島区吉野4の市道まで約3キロを引きずって走行し、殺害した疑い。

 捜査本部は1日、同市此花区内の駐車場で、底部に事故によるとみられる傷のあるトヨタ製「イプサム」を発見、血痕の付着も確認した。所有する近くの建築会社の社長らから事情を聴いたところ、勤務していた吉田容疑者が事件後に「辞めます」という手紙を残し、行方をくらませていた。車は主に吉田容疑者が使用していたという。


ニュース当初には会社勤めをしていたという容疑者が職業ホストと報道されていて驚きましたが、
前の職場を事故後に勝手に退職した後、ホストとして再就職していたことには驚くばかりか、あきれる他は無かったですね
自分のやったことを全く悪いことをしたという意識がない辺りに、人として終わっているなと感じました。もっともまともな人なら接触した時点で救急車を呼ぶなり、自分で病院へ連れて行くなりしたでしょうけどもね

以前の似たような事例では、最高裁が死刑の判決を出していたということなので、この殺人事件においても同様の判断が下されることを期待します

もちろん、間違って判決が軽く済んでしまった場合、社会に出てきたときに、何がされるかわからないんじゃないかと思うところです

こういうバカには必ず死刑を適用して欲しい、そう願うところです


ところで、
産経新聞:「大阪ひき逃げ 押収車は黒のワゴンタイプ 20代従業員の所在不明

>今回押収された車両は、当初言われていた「ホンダ・オデッセイ」とはメーカーが異なるが、よく似たタイプだという。

こういうせこい隠し方は止めて欲しいですね
トヨタのスポンサー能力が高いので、あまり意に反した真似はしたくないのでしょうが、実際に犯行に使われた車両がホンダのオデッセイではないのに、そんな印象を与えるようなことをしてはいけないと思いますよ

素直に犯行にはトヨタイプサムが使われていたと、きちんと報道すべきではないでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081105-00000023-mai-soci
posted by ! at 19:24| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック