2008年10月31日

反発必至というのは時事通信の望み?

ヤフー記事:「「侵略国家はぬれぎぬ」=空幕長が懸賞論文で独自史観−日中戦争正当化、反発必至

>航空自衛隊トップの田母神俊雄航空幕僚長が「日本が侵略国家だったとはぬれぎぬだ」などと主張する論文を民間企業の懸賞論文で発表したことが31日、分かった。論文は同日最優秀賞を受賞し、企業のホームページ(HP)に公開されている。一貫して日中戦争を正当化する内容で、中国などアジア諸国の反発が高まることは必至だ。
 論文は「日本は侵略国家であったのか」という題で、全国にホテルを展開する「アパグループ」(東京都港区)の第1回「真の近現代史観」懸賞論文に田母神空幕長が応募。最優秀賞の懸賞金は300万円で、HPのほか、11月5日発売の同社発行の雑誌にも掲載される。
 

どんな理屈で、そのような結論になったのか読んでみたいですね
また、どういった理由でこの論文を優秀と判断したのか、審査員の見解を見てみたい気がします

空幕長という立場である以上、誤ってはいるものの政府見解というものがありますので、それに従わなくてはならないかなとは思います

しかし、少なくとも審査員(審査員のレベルはわかりませんが)が納得して、優秀と認めるだけの論文である以上軽視もできないでしょうから、これをきっかけに政府見解を変えるだけの議論にわき上がって欲しいものだと思います

特アから押しつけられた政府見解は要りませんので

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081031-00000123-jij-soci
ラベル:日中戦争 空幕長
posted by ! at 20:52| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック