2008年10月31日

広がる大麻汚染

ヤフー記事:「<大麻売買>文科相、薬物乱用防止促す 大学生向けにパンフ

>慶応大キャンパス内で大麻を売買したなどとして学生2人が逮捕された事件について、塩谷立文部科学相は31日の閣議後会見で「非常に遺憾」と述べた。慶大で04年以降、5人が大麻取締法違反容疑で逮捕されていたことについても「大変問題だ。一人でもこういうことがあればしっかり対応していくのが当然。早急に対応してほしかった」と、大学側の対応を批判した。

ヤフー記事:「<大麻>高1を書類送検 譲渡助けた疑い 山梨

>山梨県警南甲府署は30日、いずれも甲府市内に住む会社員の男(21)▽弟で同県立高1年の少年(16)▽少年の友人で元県立高生の少年(16)の3容疑者を大麻取締法違反容疑で甲府地検へ書類送検したと発表した。

 調べでは、男は自宅で栽培した大麻の葉5枚を元県立高生に譲渡した疑い。弟は兄の大麻栽培を元県立高生に教え、譲渡を助けた疑い。元県立高生は今年7月中旬、自室に乾燥大麻約0.1グラムを所持していた疑い。3人は吸引も認めており、男は10代のころから、元県立高生は約1年前から大麻を吸っていたと供述しているという。


ヤフー記事:「大麻所持・譲渡で高校生ら書類送検=「面白半分で吸った」−甲府

>大麻草を所持、譲渡したとして、山梨県警南甲府署は30日までに、大麻取締法違反の疑いで、甲府市内に住む県立高校1年生の2人(いずれも16歳)と会社員(21)を書類送検した。少年らは「面白半分で吸ってしまった」と話しているという。

昨日は、大学までもがと思っていたら、今度は高校生、しかも1年生で吸い始めは中学生の時からとか

こんなものは氷山の一角なんでしょう
なんとしでも大麻など薬物は身体のため、心のためにはならない毒物に過ぎないということを周知徹底していって欲しいと願います

こんなクダラナイもののために心身共にぼろぼろになることはないはずですから

芸能人なんかには、問題ないからなんていうことを平気でほざくキチガイがいますが、そんなものはただの勘違いにすぎないです
結局薬物に依存していくという心の問題なのですから


特に未成年が、こんな薬物に依存するようになっていることは本当に問題です
学校でも家庭でも、そして社会で麻薬大麻などは毒薬であり、身体を心を蝕んでいくものだということを徹底して教えなくてはいけません

そして、麻薬を栽培・取引している連中はもちろん、薬物は問題ないとかいう誤った認識を、犯罪を助長するようなことを垂れ流しているサイトもがんがん取り締まって欲しいです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081031-00000045-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000148-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000075-jij-soci
posted by ! at 20:08| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック