2008年10月24日

ネットに寄生しているお前が言うかっていう感じ

ヤフー記事:「2ちゃんねるの管理人、西村博之が独占激白!「子どもにインターネットは必要ない!」

>2ちゃんねるに書き込まれた犯罪予告が世間を騒がせたことについて、それがテクノロジーの恐怖であるかどうか聞いてみると「予告が実際に起こる可能性は千分の一か一万分の一。言うことと実行することは違うと思うんです。ただネットだと言葉と違って残るから、それが気になる人がいるってだけ」といたってクールだ。

 ではどうやってテクノロジーと付き合っていけばいいのだろうか? ネットの書き込みで心に傷を負う人も多い昨今だが、西村は「わざわざ(ネットの書き込みを見に来て)ショックを受けるのは解せないですね。何を見るのかは本人が決めること。見たくないものは最初から見なきゃいいじゃんって思うんです」とばっさり。ただ、子どもがインターネットをすることについては放任主義ではないようで「子どもにインターネットは必要ない。子どもは自分たちを搾取しようとする第三者に対処する術を持っていない」と子どもは守るべき対象であることを明言した。


言っていることは、ここに関しては正論であるし同意せざるを得ないでしょう

親の庇護にある限りにおいて、未成年者がインターネットを利用するのは間違いであり、禁止するべき事です
社会と、人と関わる術を現実社会で学んでからネットにふれるべきだと思いますね

現実社会で人付き合いがまともにできない人が、架空世界でできるわけ無いですから

先の女子中学生がゲームで運転できたから、現実でも運転ができるなんて短絡的な発想ができてしまうような未熟な感覚ではダメなんです

この辺大人にも言えるので、未成年というくくりではなく
資格制度にして、免許を持っている人がネットを利用できるというのも良いんじゃないかと考えます
利用者が特定できるようにしておけば犯罪者の割り出しも楽ですし

今からでも遅くはないので、ネットの規制はやるべき事でしょう


ただ、この男が言うのは大きな間違いですね
ネットに寄生して利益を得ておきながら、裁判で負けた損害賠償を払わないでいるような社会性のないヤツが何を言っているんですかね
しっかりと払うべきを払ってからじゃないでしょうか?

そして、こんなのに意見を求めるメディアもおかしいですね

遵法意識のないヤツに、カリスマ性を求めるのは異常です
もう少しまともな人に求めて欲しいですね
異常者が正しいかのような風潮は馬鹿げていると言わざるを得ません

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081024-00000001-flix-movi
posted by ! at 21:21| 東京 🌁 | TrackBack(0) | インターネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック