2008年10月24日

振り込め詐欺に変わる詐欺行為

ヤフー記事:「警察、金融機関名乗る詐欺=「カードと通帳、用意して」−大阪府警

>警察官や金融機関職員を名乗って高齢者に電話し、暗証番号を聞き出した上でキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、大阪府警捜査2課と池田署は24日までに、詐欺未遂の現行犯で住所不定、倉庫作業員弓田正明容疑者(52)を逮捕した。「ヤミの職安サイトで知り合った男から指示された。電話をかけたのはほかの人だ」と話しているという。
 府内では10月、府警捜査2課や架空の金融機関を名乗る同様の電話が約150件あり、実際に数件の被害があるという。同課は、振り込め詐欺グループが、現金自動預払機(ATM)周辺の警戒強化を受けて編み出した手法とみている。


ATMで振り込ませるのが難しくなってきたので、今度は
通帳やハンコ、カードをだまし取ろうということなんですね

カードを持っていて、暗証番号を知られたら
もうどうにもなりませんね

お年寄りなどにはカードを発行しないとか、すでに持っている人からはカードを返却してもらうとかしないとならないかもしれませんね

現状のカードだけでは本人確認ができませんから難しいでしょう

もしくは徐々に進められている指紋認証とか指静脈認証などの技術の素早い普及が求められますが、これらは金融機関の負担が大きいですからなかなか難しいかもしれません

通帳やカードを持ち出されないように気をつけていただきたいものですが、難しいですよね・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081024-00000066-jij-soci
posted by ! at 20:10| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック