2008年10月21日

強い選手が出てくるなら、いいんじゃないんですか?

ヤフー記事:「谷、ランキング制度で五輪ピンチ!/柔道

>日本柔道界に衝撃が走った。国際柔道連盟(IJF)の理事会は、19日夜に五輪の出場資格獲得などに結び付くランキング制度を来年1月から導入することを決めたが、新制度の下では女子48キロ級・谷亮子(33)=トヨタ自動車=の6大会連続の五輪出場は大ピンチ。全日本柔道連盟の吉村和郎強化委員長(57)は20日、上村春樹専務理事(57)とタイ・バンコクで緊急協議することを決めた。

 柔道大国ニッポンが、没落のピンチに陥った。IJFがランキング制度の導入を正式に決めたのを受け、吉村委員長は「内容について報告を受けていないので、今は何もいえない。(IJF理事会に出席した)上村専務理事から具体的な話を聞きたい」と危機意識をあらわにした。

 来年1月からの新制度では優勝すると五輪(600点)、世界選手権(500点)、マスターズ(400点)、グランドスラム(300点)、グランプリ(200点)、ワールドカップ(100点)の順で得点を分配。男女の各階級でランキングを作成し、五輪出場権が各階級1カ国・地域1代表の原則で男子が上位22人、女子は同14人の選手に与えられる。


その時強い選手が出場するのが当然なので、
その時谷選手がランキングで上位にいるのなら当然でるべきで、いないならやむなしというべきではないですか?

北京オリンピックの出場選考会で、負けたにもかかわらず代表に選ばれるという不可解なことが起きない方がずっと良いわけです
情実で選ばれたと言っても過言では無い状況は無いに越したことはないです

選手にしてもそれまでに積み重ねてきた実績がものを言うわけですから励みになると思いますし、良い事じゃないでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000008-sanspo-spo
posted by ! at 19:33| 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック