2008年10月21日

松坂も、星野にNo!?

ヤフー記事:「松坂、WBCは「五輪とは別物」

>レッドソックスの松坂が19日、WBCへの思いを語った。来年3月に行われる第2回大会への出場について、「まだ選ばれていない時点で、なんとも言えない。監督も決まっていないわけですから、まだ準備することはない」と明言は避けた。それでも06年の第1回大会MVPは、「五輪とWBCは別物。だから(北京五輪の)リベンジの場ではないと思うし、僕たちは前回チャンピオンとしてちゃんと準備をしなければ」と足並みがそろった人選を期待していた。

これからすると、松坂投手も星野氏が監督には否定的ということですね

やはり日本から離れて特にしがらみが無いのでしょう
日本にいたら言いにくいことを、言ってくれているような気がします

ファンの多くがNoといっているにもかかわらず、星野監督構想をブチあげるプロ野球界に対して言ってくれるのは、外圧だけということなのでしょう
昔から日本が決断できるのは外圧がかかった時という認識であまり変化がないんでしょうか?

いずれにしろ世界一を目指すなら、それに向かって認識を一致させることができるメンバーで揃えて欲しいなと思います

リベンジのため、なんていう個人レベルの復讐心に、一流選手団を付き合わせることはないと考えます

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000079-sph-base
posted by ! at 19:22| 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック