2008年10月20日

撃ち殺さなくとも、撃つべきだったのでは?

ライブドアニュース:「[窃盗]警官が発砲 携帯電話盗んだ男逮捕 神奈川・平塚

>20日午前2時35分ごろ、神奈川県平塚市明石町の「ドコモショップ平塚店」で、警戒していた県警平塚署地域課の警部補(60)と巡査(25)が、携帯電話を盗んだとみられる男4〜5人を見つけた。男たちが向かってきたため、警部補が拳銃を空に向け1発発射。さらに、仲間のものとみられる乗用車が駐車場から急発進したため、警部補と巡査が車に向け、1発ずつ発砲した。

取り逃がしたのは、まずかったと思います
多人数で襲ってくるんですから、警告射撃はしょうがないとしても
その後は、急所を外して撃って捕らえるべきだったのでは?
射殺はやむなしという状況だったと思いますし

もしかしたら振り込め詐欺など犯罪に使われる携帯かもしれません
重要な手がかりを逃したんじゃないでしょうか?
posted by ! at 20:58| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック