2008年10月15日

これでも中国って良い国?

ヤフー記事:「五輪の闇 期間中…中国、平和賞候補の妻子軟禁

>ノーベル平和賞の候補をとりざたされていた中国人人権活動家、胡佳氏(35)=国家政権転覆扇動罪で服役中=の妻、曽金燕さん(25)と長女、謙慈ちゃん=昨年11月生まれ=が北京五輪期間中、当局により、自宅から500キロ離れた遼寧省大連市のホテルに連行され軟禁されていたことがわかった。曽さんが産経新聞とのインタビューで明らかにした。曽さんによると、当局から「北輪五輪期間中は自宅にとどまることを許されない」と言われ、北京五輪開幕当日、8月8日に長女とともに大連のホテルに移された。

体制を守るためなら、どんな非道なことであってやってのけるのが中国共産党独裁政権
こんなロクでもない国にいつまでもつきまとわれ、脅迫やらカツアゲなどをされなくてはならない日本って本当に気の毒です

そしてそんな体制を支持するような連中が日本にいるのもまた確かなことで、そんな愚鈍なヤツの代表が民主党の党首です
お忘れ無く


少しでも早く中国が民主化され、まともな教育を受けた人が増えることを期待したいですねぇ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000048-san-cn
posted by ! at 20:39| 東京 ☔ | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック