2008年10月11日

なんでこんにゃくゼリーだけが責められる?

ヤフー記事:「形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走

>こんにゃく入りゼリーを食べた子供が窒息死した事件を受けて、自民党内で10日、ゼリーの形状などを規制する新法制定を検討する動きが出てきた。消費者庁設立のきっかけともなったゼリー被害の防止に焦点を絞った新法だが、窒息による死亡事故が多いモチの規制との兼ね合いなど課題は山積する。新法制定の背景には、政府が消費者の安全をはかるため国会に提出した「消費者安全法案」でも根本的解決にはならないとされる事情があり、ゼリー規制の議論は政府・与党肝いりの消費者庁構想にも影を落としそうだ。(酒井充)

 「子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。それぐらいはできるでしょ!」

 こんにゃく入りゼリーの規制を議論した10日の自民党消費者問題調査会(会長・岸田文雄前消費者行政担当相)は、河野太郎氏ら出席議員らが怒声を発するなど、さながらゼリー糾弾の場となった。ほかにも「外国並みに規制する法律をつくるべきだ」といった意見が続出し、議員立法による新法の国会提出を目指す方針が確認された。



だが、新法でゼリーの形状などを規制するには「法の下の平等」という点で大きな壁が立ちはだかる。こんにゃく入りゼリーはだめで、モチは規制しなくてもいいのか−という問題だ。

 実際、10日の調査会でも谷公一衆院議員が「モチは昔から死亡事故が多い」と指摘した。一方、野田聖子消費者行政担当相は10日の会見で「モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している」と強調したが、「ゼリーだけを規制し、モチやアメを規制しない合理的な根拠は見つかりにくい」(厚労省)というのが実態だ。


この厚労省の言い分に関しては正しいかと思いますね
こんにゃくゼリーだけを規制して、餅など他の窒息死の原因になりそうな食品をそのままにするのは大いに問題ありでしょう

何でもかんでも危険がありそうなものを規制すれば良いってものでもないですし

100%国が消費者を保護することはないと思います
それは過剰保護に他ならず、消費者も自己防衛することに頭を使うべきで、ダメだとわかっていながら子供に食べさせるようなバカ親を保護する必要性なんて無いと考えます

国がやるべきは、消費者の手には負えないような問題を片付けるべきではないかと思いますね
汚染米など、消費者が気をつけても気をつけきれないような問題を片付けるべきではないでしょうか?

これ以上バカを量産することも無いと思います

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081011-00000072-san-pol
posted by ! at 20:55| 東京 ☀ | TrackBack(0) | こんにゃくゼリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック