2008年10月04日

この子供の異常性

ヤフー記事:「7歳児がワニに小動物食べさせる、豪動物園

>オーストラリア内陸部にある爬虫(はちゅう)類の動物園で、7歳の少年が飼われているワニに、トカゲなどの小動物を食べさせたことが判明。本人がまだ幼く責任能力が問えないため、少年の両親が起訴されることになった。
 少年は1日朝、動物園に侵入し、園内で飼われていた亀やオオトカゲなど計10匹を、体長3メートル、体重200キロになるワニに食べさせた。また、セキュリティーカメラには、棒を使ってトカゲを殴り殺す様子も残っていたという。
 動物園の園長は、ロイターの電話取材に対し、犠牲になった動物は希少なものが多く、代わりを入手するのは難しいと話した。


子供が動物を虐待することは、あり得ることなので仕方がないと思います。最近の子供はわかりませんが、場所によってはカエルやら昆虫やら身近な動物をあの手この手で殺してしまったものだと記憶してます
それから命の尊さを知ることもできるんじゃないかと思いますので

問題視されるべきは、
動物園の敷地内に勝手に入り込み、その敷地内の動物を殺すための道具を持ち込んでいること
動物園側のセキュリティの甘さ
ですかね?

とはいえ、セキュリティの甘さは非難されるべきですが
この子供のやったことの異常性の前では、小さなことかなという気も致します

親に責任を問い、子供には第三者による矯正は必要だと考えます

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000860-reu-int
posted by ! at 21:19| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック