2008年09月29日

マスゴミによる言論封殺

ヤフー記事:「<中山前国交相>「民主党政権なら日本が大阪府みたいに」

>失言問題で辞任した中山成彬(なりあき)前国土交通相は29日午前、TBSの情報番組に出演し、「民主党政権が誕生すると、日本全国が今の大阪府みたいになる。職員組合とのなれあいで財政破綻(はたん)にひんしている」と述べた。大阪府をやり玉に上げて労働組合の支援を受ける民主党批判を展開した。

マスゴミによる言論封殺が激しいですね
何を言っても、マスゴミの意に沿わない発言はみんな問題発言、失言という具合に処理されてしまっている感があります
というか、今までの例を考えなおしてもマスゴミによって世論が形成され都合の悪い発言者は消されていったと考えても良いのではないでしょうか?

今回の中山氏に対して、撤回しないイヤなヤツというイメージを植え付けていますが、

発言内容の是非はともかくとして、ここまで考えを曲げないのは珍しいのでは?
これを思い上がりだとかと評した人もいらっしゃるが、マスゴミなどの執拗な攻撃に音を上げて考えを曲げさせられた人が多かっただけで、中山氏の世に叩かれ強いのはまれかもしれません


失言だ問題発言だと相手を封じるだけで、なぜダメなのかを議論する場が無いのが非常に不思議です

大臣だから言ってはいけないとか、差別だからいけないとか、いかにももっともらしいことを言ってはいますが、

では、なぜ大臣だから言ってはいけないのか、なぜ差別なのかなどについて、国全体で議論をしていっても良いと思うんですよね
なぜしないんでしょうか?

日教組については、特に避けているような感じもしますね
そこまで恐れることはないんです、あんな反日団体は労働組合に非ず
あの組合の今までの活動歴などを考慮すれば、破防法を適用しても良いんではないかと考えます

もちろん、この連中のやったことを白日の下に晒すためにも、大々的な議論が起きて欲しいです

ダメだからダメなんて言う対子供レベルの論調は止めて欲しい

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000026-mai-pol
posted by ! at 20:02| 東京 ☔ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック