2008年09月28日

変だなぁ正論を言うと問題視される

ヤフー記事:「日教組批判は「確信犯」=辞任会見で自画自賛−中山氏

>「失言とは思っていない」「宮崎での発言は確信犯」−。中山成彬国土交通相は辞表提出後の午前10時半から、国土交通省で記者会見。日教組批判については最後まで撤回しなかった。
 冒頭、中山氏は「(発言後)たくさんの方から『よく言ってくれた』といった山のようなメール、電話が深夜まで鳴り続けていた」と、自身の発言を自画自賛。その上で、「(臨時国会の)審議にいささかの支障があるとすれば私の本意とすることではない」と、辞任の理由を説明した。


お辞めになったことは非常に残念なことだと思います
なんでここまで問題視されるのか非常に理解に苦しむところですね

ここまで明快に今まで問題視されてこなかったことを発言された方はいなかったわけで、臭いものには蓋をしようという風潮はまずいと思いますよ

マスゴミは売国奴寄りなので、巻き添えを食らうのを恐れて中山国交相を援護する人がいないのも非常に残念なことです

自由な論調が封じられるのは、良いことではないでしょう


つまり、日教組というのは他人の言論の自由を封じる悪しき団体だということなのです
日教組を批判することが問題視されることがおかしいのです
ここがおかしいからと反論が出るまでならともかく
言ってはいけないとまで行くのは異常事態じゃないですかね?

おかしな世の中ではないでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000042-jij-soci
posted by ! at 21:35| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック