2008年09月26日

熱しやすく冷めやすい政治家だった?

ヤフー記事:「小泉元首相引退 路線否定に気力失う 「政界居場所なし」実感

>小泉純一郎元首相が政界引退を固めた直接のきっかけは、麻生太郎首相の圧勝に終わった自民党総裁選にある。今回の総裁選で、小泉氏は自らが主導した構造改革路線が党内では歓迎されなくなった現実を確認した。党外に活路を求め、政界再編に走る手もあったが、そこまでの気力は今の小泉氏には残っていなかった。

日本中が、この人の言葉に踊らされて熱狂して自民党に投票
それを根拠に構造改革と称して、多くのいい加減な政策を実行、結果経済格差など、諸問題が起きていったわけです

しかし、この人その後始末を一切しないで去っていこうとしています
小ずるい人です

踊らされてしまった国民も悪いには悪いんですが、やっぱり小泉氏にはしっかり後始末をする義務があるかとは思うんですよ

でも、格差には文句を言うけど、小泉氏に文句を言わない人が結構いますね
これはこれで大きな問題です
もうすこし政治を見る目を養って、参加しないといけないですね
ワイドショー化した政治番組を見て、参加したような気になって終わりでは、まだまだダメなのではないかと思います


構造改革のひずみは麻生総理に修正していって欲しいですね
民主党に任せればダメなことは小沢代表をきちんと見ていればわかるはずです

いったん民主党に任せれば良いという人もいらっしゃいます
でも、それは大きな間違いです
政策に外国人に参政権を与えるだけでも政権を渡したら大問題ということくらいわかっていただけるのでは?
日本を崩壊させる政策を持っている政党に任すわけにはいきません

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080926-00000500-san-pol
posted by ! at 21:15| 東京 ☔ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック