2008年09月24日

ぜひ性悪説に基づいてやってください

ヤフー記事:「厳格なマニュアルに基づき“Gメン”検査 汚染米「性善説に立ちすぎた」と反省も

>米粉加工販売会社、三笠フーズ(大阪市北区)などによる農薬などに汚染された事故米の不正転売問題をめぐり、内閣府、農林水産省、厚生労働省の3府省は22日、再発防止策の具体策を発表した。残留農薬などの基準値を超えた事故米は輸入や国産を問わず、全面的に流通させないほか、「性善説に立ちすぎた」との反省をもとに、検査は厳格なマニュアルに基づき、“Gメン”が抜き打ちで行う。

人を疑ってかかるなんて、と眉をひそめる人もいるかもしれませんが、こういうことはやはり悪いことをやっているだろうを前提にして検査しなければならないってことですよね

そのつもりで調査しなければ、発見するのは難しいでしょう
通常、この手の検査は、まさかこんなことはやってないだろうという前提条件で検査に行くわけですから通り一遍になるのだと思います

しかし、それを逆手にとって悪いことをするわけですから、どうにもならないというケースが最近増えてきている以上、企業は悪いことをしていることを前提に付き合わないと難しいでしょう

また、社員からの内部告発も増えて欲しいところですが、それが原因で失職したら再就職も難しい昨今ですからしたくともできないんじゃないでしょうか?

となると国がしっかりとして欲しいとなるわけですが、多くの人が望んでいる改革を進めて小さな政府という状態では、それも望むのも無理でしょうか?

日本人が本来望むのは大きな政府だと思うんですけど、小泉元首相の甘言に釣られて望むのと違う方向に行ってしまっているように感じます

日本人自身も、もう一回考え直した方が良いんじゃないでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000927-san-pol
posted by ! at 20:17| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック