2008年09月22日

政治家よりも官僚の始末が問題

ヤフー記事:「白須農水次官を更迭=福田首相、事故米対応に不満

>農水省は19日、白須敏朗事務次官が辞任し、後任に井出道雄林野庁長官が就任する人事を発表した。白須次官は、残留農薬などに汚染された「事故米」の不正転売問題が社会を混乱させた責任を取る。消費者行政を重視してきた福田康夫首相による更迭で、不正転売発覚後の事務方トップとしての対応にも問題があったとみて、人心一新が必要と判断した。 

多くの人がおっしゃっていることではありますが
政治家は選挙で国民の意思を反映することは可能ですけども
官僚に対しては、この方式が当てはまりません

どんなに官僚が問題を起こしても、それに対する国民の意思が反映されることはあり得ません

国民の意思を官僚に対して反映できるシステムできないものでしょうか?

官僚は絶対抵抗するでしょうけどね

そしてなによりも、その官僚に対して強い態度で望めない政治家にも問題があるんですけどね
特に民主党は小沢自治労と言われるだけのことはありますから、政権が変わったところで無理でしょう

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080919-00000033-jij-pol
posted by ! at 20:53| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック