2008年09月17日

被害企業には気の毒ですけども

消費者の立場からすれば、公開して貰わないと困ります

ヤフー記事:「汚染米 外食産業にも“飛び火” 公表、戸惑いと憤り

>三笠フーズの事故米の不正転売問題で、政府が16日、新たに外食産業を含む375の流通先を明らかにした。「こっちは被害者なのに」。社名の公表に戸惑いや憤り、涙する業者も。農林水産省の調査を拒否しながらも社名が公表された9社のなかには、訴訟を表明する業者まであらわれ、事故米をめぐる騒動に沈静化の兆しは見えない。

 城崎温泉(兵庫県豊岡市)の中心地にある食堂「力餅」。3日前、長年の付き合いがある市内の食材卸業「小谷商店」から仕入れたもち粉計40キロが、事故米と知らされた。


このような被害にあった企業側からすれば、この公表は非常に困ったものかもしれませんが、
しかし消費者の立場からすれば、教えて貰わなければ自衛できないという状況なのです

だから、公表自体を訴えたりするのは止めて欲しいと思います
しかし、農水省がしっかりと調査した結果を発表しなければダメです

たとえば、すでに汚染の影響がない状態に無い、という状態になったときにきちんと安全宣言をしてくれなければいつまでも被害状況から逃れることができません
また、その逆もしかりです

どちらにせよ農水省は心して食の安全を守るための手段を講じるようにして欲しいです

でないと国民個人レベルでは、自衛手段を講じることは無理ですから、毒物の影響を受けないでいることができません
まともな調査をしないでスルーしてしまって、影響を受けるのは困るんですよ

だから、農水省にも警察並みの捜査権を与え、取扱業者に対して隅々まで時間をかけて調べることができるようにすべきです
今のままでは人員も足りず上っ面の調査しかできないのですから、見落としがあるのはしょうがないでしょう

農水省の職員を増やし、捜査能力を高めることで食の安全をしっかりと守って欲しいです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000069-san-soci
posted by ! at 20:58| 東京 ☀ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック