2008年09月16日

犯罪者再生工場?

ヤフー記事:「猪木大麻解雇元力士3人IGF受け入れも

>IGFを率いるアントニオ猪木(65)が13日、都内のホテルで会見した。大麻吸引問題で日本相撲協会を解雇された元小結露鵬、元幕内白露山、元幕内若ノ鵬ら3人がプロレス入りを希望した場合、「中身がそろえば」と条件付きで受け入れる可能性を示唆した。

 猪木はこの日、北朝鮮で9日に行われた建国60周年記念式典から中国・北京経由で帰国。大麻吸引問題を起こした元3力士に話題が及ぶと「何かあると、すぐにオレの名前が出てくるんだよな」と笑いつつ「(団体への)受け入れ? いいんじゃないの。流れの中で対応できれば」と発言した。ただし「話題先行だけじゃダメ。中身がそろえばね」。自身から積極的にアプローチすることはないものの、プロレス界入りを希望するなら「受け皿」になることを強調していた。


本人に薬物を絶ち、やり直す気があるならということなんでしょうか?
それなら良いかもしれませんね

ただいまのあの連中は、何のことはない既得利権を守るための政治活動に奔走しているようなので、プロレス入りは無いんじゃないでしょうか?


それにしても、この人なんで北朝鮮に行くの?
朝鮮に汚染されちゃったんでしょうか?
早めに手を打たないとまずいと思います

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080914-00000015-nks-fight
posted by ! at 20:11| 東京 ☀ | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック