2008年09月11日

無駄な出動が減ってきた?

ヤフー記事:「今年上半期の救急出動、9万件減少

>今年1月から6月までの全国の救急車の出動件数は約250万件で、昨年同期から9万件近く減少したことが、総務省のまとめで明らかになった。救急搬送人員も10万人以上減少しており、同省は、救急車の適正利用の広報活動などが成果を上げているとみている。

救急車をタクシー代わりに利用する悪質な患者が問題視されるようになって、それが悪いことだと少しは認識されたってことでしょうか?

それでもまだまだ多すぎるように感じます
救急隊員の人たちの負担を考えたら、少しでも悪質利用が減ることを期待したいですし
東京のように前もって相談できるシステムが全国的に広まると良さそうです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000002-cbn-soci
ラベル:救急車
posted by ! at 21:12| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック