2008年09月11日

すべて承知の上なら死刑が妥当では?

ヤフー記事:「メタミドホス米「あるだけ全部買いたい」と三笠フーズ社長

>大阪市の米粉加工販売会社「三笠フーズ」による事故米の不正転売問題で、平成18年11月に農薬のメタミドホスに汚染された事故米を政府が初めて売却することを知った冬木三男社長(73)が「いい米だ。全部買いたい。少なくとも3分の1はほしい」と周囲に話していたことが10日、分かった。入札には冬木社長自らが出向き、工業用のり原料の相場の2−3倍の高値で落札したという

この記事の通りならすべて承知した上での転売ということですよね
その売られた米を食したら、どうなるかも予想が付くはず

食用にしたら危険だから売ってはいけないことになっている米を食用で転売していたのだから、無差別殺人を適用しても良いんじゃないでしょうか?

未曾有の犯罪であると思います
今後、どの食料関係の企業であっても疑ってかからないとなりませんよね

本当にその食品を食べても大丈夫なのかどうか、チェックする手段を考えないとならないのは大変だなぁ
でも、どうやってチェックすれば良いんじゃないでしょうかね?

まさかこんなことはしないだろうと考えられていることを、やってのける超悪質な事件が多すぎです

どうすればいいんでしょうね?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000902-san-soci
posted by ! at 20:53| 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック