2008年09月11日

恥も外聞もないんですね

ヤフー記事:「WBC「王監督しかいない」と渡辺会長=本人は固辞の姿勢−プロ野球

>巨人の渡辺恒雄球団会長は10日、来春開催される野球の国別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督について、「ワンちゃん(王貞治ソフトバンク監督)に頼むしかない。コミッショナー以下が土下座して頼むしかない」と語り、前回大会で日本を初代王座に導いた王監督の再登板を熱望した。

 渡辺会長は北京五輪の直後に、「星野君のほかにはいない」と話し、北京五輪で指揮を執った星野仙一氏を推す考えを示していた。10日の発言について、2006年に胃がんを手術した王監督は「現在の体調では全うできないし、全うする自信がない。大変な仕事だし、あの連中を率いるには体が元気な人でないと」と改めて固辞する姿勢を示した。


あれだけ星野氏を推しておいて、世論がそうではないと見るや王ソフトバンク監督へ切り替えてくる辺り、その節操の無さが世渡り上手のポイントなのかもしれません

いずれにしろ、こんな老害がいる限り日本プロ野球への評価が好転することはないでしょうね
いや、この老害が、政治やら相撲やらいろいろ口を出すんだもの世の中がおかしい原因の一つなんだろうなぁ

また王監督の体調に関しても無責任な発言が見受けられ、とてもまともに考えているようには見えません

野球界の至宝をお気軽に扱うのはどうかと思いますね

妥当な人がいないなら、出なければ良いと思います
そして世界へ恥をさらせば良いんじゃないですか?
間際になって、人選をしているようなことでは一つ勝つこともおぼつかないように思えません
プロ野球界の低迷を象徴する恥ずかしい騒動かと考えます

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000185-jij-spo
posted by ! at 20:26| 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック