2008年09月09日

消費税を上げる前にやるべきことがあるのでは

ヤフー記事:「11年度から消費税10%、経団連要望へ

>日本経団連は8日、中期的な税制の抜本改革案として、消費税率を2011年度から5%引き上げて10%とするよう政府に要望する方向で最終調整に入った。

 正副会長による正式な組織決定を経て9月末にも公表する。

 経団連はこれまで、07年1月に御手洗冨士夫会長のビジョンという形で、15年までに2段階で消費税率を事実上10%まで引き上げるよう求めていた。しかし最近の試算によって、医療、年金などの社会保障制度を安定的に持続させるためには、消費税率を一気に引き上げ、引き上げ時期も前倒しせざるを得ないと判断した。


そんなことを要望するなら、経団連の連中にはやるべきことがあるのでは?
非正規雇用を廃止し、すべてを正規雇用にすること
その正規雇用者にしっかりと給料を払い生活を安定させること

このくらいはしてもらわないと、国民は生活できませんから
財布のひもは堅くなる一方ですよ
なれば、内需が拡大するわけもなく、消費税を上げた効果は少ないとみます

このことは最近車離れが進んでいるということからわかりそうなものですが、経営者の連中はバカなんでしょうか?それとも現実を見たくないのか・・・


あと、消費税をあげる主旨はわからなくはないですが、
その際には生活必需品、医療費などにはかけないようにして欲しいですね
生活するためのものがことごとく値上がりしたのでは生活できませんのでやめていただきたい

また、ワーキングプアの所得税などもできれば全額免除、もしくは一部免除を検討していかないと生活はきついと思われるので検討して欲しいところでしょうか

そのくらい、多くの国民が生活が困窮していることを、少しは理解して欲しいです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080909-00000003-yom-bus_all
ラベル:消費税 経団連
posted by ! at 20:15| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック