2008年09月08日

やっと辞めましたか

ヤフー記事:「<大相撲大麻疑惑>北の湖理事長が辞任…露鵬、白露山は解雇

>大相撲のロシア出身兄弟力士、幕内の露鵬(28)=大嶽部屋=と、十両の白露山(26)=北の湖部屋=の大麻使用疑惑で、日本相撲協会の北の湖理事長(55)=本名・小畑敏満=が理事長職を辞任することになった。北の湖理事長は8日、東京・両国国技館で開かれた理事会で「責任を取って辞任する」と話した。露鵬、白露山は解雇が決まった。北の湖理事長の後任には武蔵川理事(元横綱・三重ノ海)を決めた。

 同日開かれた日本相撲協会の再発防止検討委員会(検討委)には伊勢ノ海生活指導部長ら相撲協会の8委員と、日本アンチ・ドーピング機構専門委員の大西祥平慶大教授ら外部委員4人が出席。外部委員のやくみつる氏は欠席した。

 検討委では、関取69人を対象に抜き打ちで実施した尿検査で露鵬と白露山に陽性反応が出た経緯が報告された。さらに日本で唯一の世界反ドーピング機関(WADA)公認の検査機関の精密分析でも両力士に陽性反応が出たこと、検査機関の精密分析の意義が説明された。このあと別室で待っていた露鵬、白露山を1人ずつ委員会に呼び入れた。


やっと、これで少しはゴタゴタが片付いたと言っても良いのかなぁ
とりあえず総責任者が辞任して、当事者が解雇ということで終わったと言って良いのかどうか・・・

これからさき、新しい理事長の下で相撲界の改革が行われるはずです

その改革に関しては、
前理事長が理事を辞めていないこと
外部からの助言を受け入れる体制がとれるのか
あたりが非常に気になるところです

日本の文化でもあり、国技でもあるだけにきちんと立て直して欲しいです。安易に人気とりに気をとられずに国技であるということを前提にして欲しいです


さて、解雇された側ですが
この検査に疑問を持つという言い分が気になります
この疑問が是とされてしまったら、スポーツ界におけるドーピング検査すべてが、意味を持たなくなってしまいます
検査で引っかかった選手がことごとく、その検査に異議があると言い張ってしまったら、ドーピング検査はいったいどうなってしまうのやら


これまで親方・兄弟子によるリンチ事件、朝青龍の問題、ここ一連の大麻事件など立て続けに問題が起きたわけですが、それらをどのように対処していくのか、どうやって立て直すのかで国技の復活ができるかどうかが決まるわけです。しっかりとやって欲しいですね



で、大麻事件ですが
大麻の吸引によって、相撲界ではこれだけの大問題になり、いろんな人の運命ががらっと変わることになってしまっていくのでしょう

ところが、芸能界では何回捕まっても、なんとなく戻ってきて活動しているといういい加減な状態がまかり通っています
この辺そんなことで良いんでしょうか?
もっと厳しい目を向けるべきだと思うんですよね

なぜか芸能界には、このような厳しさが無く馴れ合い体質的ないい加減さが許されているようです
この辺狂信的なファンがいるからかもしれません
犯罪行為を指摘すると、キレて暴れるという阿呆なファンがいるのはまずいですよねぇ。もう少し理性を持って考えて欲しいところですが、無理でしょうね

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080908-00000039-mai-soci
posted by ! at 22:23| 東京 ☁ | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック