2008年09月06日

このおばちゃんキライだけど

ライブドアニュース:「内館委員も理事長の再検査論に仰天

>横綱審議委員会(横審)のけいこ総見が5日、両国国技館で行われた。出席した内館牧子委員は「精密検査の結果がどうであれ、簡易検査で(2人合計で)5度も陽性反応が出た結果を厳粛に受け止めるべきだ。シロになるまでやるということですか?」とし、再検査の繰り返しを主張する理事長に対し驚きの声を上げた。 師匠として弟子を信じる立場を貫く理事長を「情緒に流されている場合ではない」と切り捨てた。...

時と場合によりましょうが、
理を情で流すような、トップがいる組織は早晩に瓦解しかないんじゃないかと思います
今弟子を信じる信じない、という場面ではないんじゃないでしょうか?
トップに付くものの責任として、疑わしきものを罰することで組織の立て直しを図るべきだと思うんですが

泣いて馬謖を斬る、そういうときではないでしょうか?
ラベル:北の湖 相撲 内舘
posted by ! at 22:54| 東京 🌁 | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック