2008年08月29日

控訴断念、果たして医療ミスだったのかどうか?

ヤフー記事:「産科医の無罪確定へ=帝王切開死、検察が控訴断念−「今後は慎重に捜査」・福島

>福島県立大野病院で2004年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が大量出血して死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた執刀医加藤克彦被告(40)を無罪とした福島地裁判決について、福島地検は29日、控訴の断念を決めた。控訴期限の9月3日が過ぎれば、無罪が確定する。
 同地検の村上満男次席検事は「裁判所が要求したほとんどのものが従っているという一般性のある医学的準則も一つの考え方。過失と(医師の)注意義務をどうとらえるかで、検察と異なっていた」と説明。控訴しても、裁判所の判断を覆すことは困難とした。
 加藤被告の逮捕、起訴について「法律と証拠に基づいてやった。判断としては間違っていない」としたが、「今後はより慎重、適切な捜査をしたい」と述べた。
 

検察側は、医療ミスだったと言い
医師側は、医療ミスではなかったと言う

結論して裁判所は医療ミスではなかったと判断
では、この裁判所の判断が正しかったのかどうかということですが・・・

無能な医師が、その実力通りに医療行為を行って患者を害してしまった場合
有能な医師が、実力を持ってしても、患者を害してしまった場合
その両方いずれでも医療ミスで片付けられるようなことになってしまったら、医師はやる気をなくしてしまうでしょうなぁ

今回の一件が、いずれに当てはまるのか、それとも別のパターンなのか知りませんが、どうであれ現状産科医が減っていることは、この件が医師に無用のプレッシャーを与え、萎縮している原因の一つといっても過言ではないでしょう

しかし患者遺族側にしてみれば、本当はどうだったのか助かるものだったのか無理だったのか、その辺をきちんと検証されねば生涯無念な気持ちを持ち続けるわけで、この裁判だけでは消化不良になってしまうんじゃないでしょうか?

どちらにも禍根が残りますね

結果に関してはどうであれ、
第三者による検証機関の設立と
医師の能力の平均化、能力のアップですね
同じ病気なのに、医師によって判断が異なり、適切な治療ができないようでは患者の治療の格差が生まれてしまいます

その辺は金がかかるでしょうが、やってもらわないとなりません
問題は誰が払うのか、ですが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000112-jij-soci
ラベル:医療ミス 産科医
posted by ! at 20:31| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック