2008年08月28日

控訴を断念するのかな?

ヤフー記事:「帝王切開死 産科医無罪 検察、控訴断念の方向

>福島県大熊町の県立大野病院で平成16年、帝王切開で出産した女性=当時(29)=が手術中に死亡した事件で、業務上過失致死などの罪に問われた産婦人科医の加藤克彦医師(40)を無罪とした福島地裁判決に対し、検察当局が控訴を断念する方向で検討に入ったことが28日、分かった。検察当局は、主張の前提となる臨床例の提示や、新たな鑑定人確保が困難な事情などを慎重に検討しているとみられる。

遺族の方の主張
医者側の主張
どちらも正しいと思います

医療側にミスがあるのは言語道断
その医師は裁かれなければならないと思います

しかし、そう簡単には医療ミスがあったのかそうではなかったのか判断できないと思ってます

今回この医師に関しては、裁判所によって無罪であったと判断されました

実際どうであったのか、真相究明は司法解剖が遺族側の希望とかでできなかったらしいので、難しいらしいです

その時医師が全力を尽くしたのかどうか
尽くせる環境にあるのかどうか
医療の充実が必要じゃないでしょうか?

同じ専門であっても、ある医師にはできることが別の医師にはできないということがあったら困ります
医師同士のバックアップ体制がとれるようになったり、
問題があったとき、検証できるような体制を作ったりすることなどが大事じゃないでしょうか?
金がかかるとは思いますが

良い結果を得るには、金をかけないといけません

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000104-san-soci
posted by ! at 20:53| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック