2008年08月26日

ロシアもダメぽ

ヤフー記事:「ロシア議会が南オセチアとアブハジアの独立求める決議

>ロシアの上下両院は25日、メドベージェフ大統領にグルジアの南オセチア自治州とアブハジア自治共和国を独立国家として認めるよう求める決議を可決した。これにより西側諸国が一段と警戒を強めるとみられる。
 米国は、ロシアが依然としてグルジア領内に軍を駐留させており停戦合意を守っていないとして批判している。
 この決議に法的拘束力はない。議会によるこの決議は、独立国家の承認を与えようとするメドベージェフ大統領自身の意向を示しているか、またはロシアが西側と交渉する際の切り札にすることを狙ったものとみられている。


ロシアが過去自国内のチェチェンの独立を阻止しておきながら
他国の問題に武力を駆使して乗り込んでいくというのは、矛盾していると言わざるを得ないのですが、それを押しとどめる力は無いんでやられっぱなしになってお終いなんでしょうか?

ロシアや中国はアメリカがいろんな国に武力を持ち込んでいくのを非難しておいて、それぞれグルジア問題、チベット問題を起こしておいて口を出すなと言うのがお決まり(ロシアはまだ言ってなかった?)

いくら非難声明を出しても、武力を持った連中には勝てませんねぇ
グルジアも国を奪われてお終いなんでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080826-00000379-reu-int
posted by ! at 20:10| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック